野良猫撃退SOS!

猫の糞尿被害に苦しむあなたへ。マイホームの猫対策から、本当に効く猫避けグッズまで、 様々な野良猫対策情報をお届けします。

ペットボトル 猫避けグッズ

【効果無し】猫対策にペットボトルを使う4つのデメリット

%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4%e3%81%ae%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%ab

通勤時に水の入ったペットボトルを並べている家の前を通ります。大きな庭があるので、猫対策に使用しているのでしょう。

残念ですが、ペットボトルは猫対策になりません。

テレビでも「猫にペットボトルは効くの?効かないの?」という実験をしていましたから、既に時代遅れの対策だと思っていました。けれど、使っている人が居るんですね。

もし、あなたも猫対策にペットボトルを使っているのなら直ぐに辞めましょう。こんなデメリットがあるからです。

SPONSORED LINK

猫対策にペットボトルを使う4つのデメリット

%e3%83%92%e3%83%8a%e3%82%ae%e3%82%af

1.そもそも猫に効かない

猫に取ってペットボトルは単なる障害物です。

理由は、

  1. 危なくない
  2. 無臭
  3. 見慣れている

の3つです。太陽の光を反射してキラキラ光るのが「動物の目」だと思うので猫に効く!と言われていますが、そんなことはありません。猫は観察して危険性があるか無いか判断できる動物です。ペットボトルはゴミ置き場で見慣れていますので、危険の無いことは承知しています。そもそも太陽の光で反射するのなら曇りや雨の日は効果ありませんし。

2.景観を損なう

猫が糞をする場所って大体決まっています。

 icon-home 庭

  玄関

  家の境界

  ベランダ

の4箇所です。猫は縄張りを示す為に糞尿を使います。こそっとプランターの陰に糞をする猫より、堂々と庭の真ん中や玄関の横に糞をする猫の方が多いです。

「さぁ、ペットボトルで猫よけだ!」となっても、家の目立つところのほとんどにペットボトルを置かなければいけません。人の出入りする玄関、オシャレな庭も水の入ったペットボトルによって見た目が台無しです。

3.虫眼鏡効果で火事

消防防災科学センターの事例で以下のようなことがありました。

ペットボトルの「収れん」による火災事例について

先般、管内において、水を入れたペットボトルの収れん現象による火災が発生したので、特異な事例として、実験結果を交えて紹介します。

テーブル上のペットボトルがレンズの役割となり、収れん現象を起こして新聞紙等に着火し、火災に至り、その炎で近くにあった殺虫剤スプレー缶を爆発させたものと推定する。

※さらに詳しく知りたい方は下記のサイトをご覧下さい。

消防防災科学センター

水の入ったペットボトルが光を集め、それが原因でボヤとなる恐れがあります。近くに可燃物が無ければよっぽど大丈夫ですが、可能性がゼロではありません。

家を守るために猫対策をしたのに、家を壊してしまっては意味がありません。

特に気をつけたいのが枯れ葉・枯れ枝です。庭にペットボトルを置いている場合、近くに植物があるでしょう。そこが出火元になる可能性があります。

4.汚水による被害

猫よけに使うペットボトルってキレイに洗いますか?多分、洗わないでしょう。水でサーっと流して終わりだと思います。外で使うものですし、わざわざ消毒までしないはずですから。

水は直ぐに腐ります。

水道水は塩素が入っているので腐りにくいと思われています。塩素は1日で蒸発しますので、1日後は直ぐに腐ります。常温なら3日も経てば立派な汚水です。

汚水は、

  • 細菌の宝庫
  • 悪臭
  • 羽虫を呼び寄せる
  • 羽虫の繁殖元となる

と、たくさんのデメリットがあります。これを防ぐには定期的に水を入れ替えるか、防腐剤を入れる必要があります。

2.猫対策の間違い

%e9%81%93%e8%b7%af%e3%81%a7%e3%81%82%e3%81%8f%e3%81%b3%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e7%8c%ab

「猫なんてこんなもんで逃げてくだろう。」と思っている人が多すぎます。

私たちに取っては「猫よけ」でも、猫にしたら「住処を奪われる、土地を奪われる」さらに「寝床・餌場が無くなる」と、命の危険性があります。

だから、危険が無いと分かれば同じように生活します。新しい居場所を見つけるより、その方がはるかにラクだからです。

「猫被害に困っているんだよー。」

と言う知人の家を見ると適当な対策しか取っていない場合がほとんどです。

トゲトゲシートは敷き詰めるのではなく、ポツポツと置いてあるだけ。

猫の糞尿を取り除くことを諦め、一部を放置している。雨が降れば流れるから大丈夫とか言っています。

相手は命がけです。こちらもそれなりの手間と費用を覚悟しなければいけません。

ペットボトルは費用ゼロ。しないよりマシという理由で猫対策に使われています。もう1度言いましょう。

猫対策にペットボトルはマイナスしかありません。ペットボトルを置くなら猫対策しない方がマシです。

まとめ

ペットボトルに水を入れて蓋を空けておけば、猫が倒したときに水浸しになって効果があるかも・・・。と思いましたが、猫より人が先に引っかかりそうですね。やはり猫対策にペットボトルは使うべきでは無いでしょう。

ちなみに、私が見かけた猫対策にペットボトルを使っているお宅ですが、、、

ペットボトルが増えていました。

違う!数の問題じゃないんだ!

SPONSORED LINK

-ペットボトル, 猫避けグッズ

猫対策おすすめグッズ

1
【設置できれば効果100%】猫被害にもっとも効果のあるグッズがこちら

どんな対策をしても猫が糞をしていく・・・。とお悩みでは無いですか。そんなあなたに ...

2
【猫の糞に悩んだらコレ】猫よけブログ管理人が実際に購入した超音波器がこちら

猫対策をして1年。様々な猫よけグッズを使いましたので良し悪しが分かるようになりま ...

3
猫対策グッズランキングベスト5がこれだ!

猫被害で検索すると「15,600,000 件」ヒットするように、全国で野良猫の糞 ...

4
買うならコレ!猫よけ超音波グッズベスト3

「猫よけ超音波器が欲しいんだけど、どれを買えば良いか分からない。」とお悩みのあな ...

5
ちょっぴり高いけど、もっとも効力の強い猫よけ超音波器がこちら

いつも野良猫撃退SOS!をご覧頂きありがとうございます。猫の糞尿被害、本当に悩み ...

6
猫の糞にキレそうなあなたへ。最凶の猫よけグッズベスト3

猫の糞ってどうしてあんなに臭うんでしょうね。ハエもやってきますし・・・。丁寧に花 ...