猫よけの最初に 猫が持つ危険な病気

あなたの目に寄生虫・・・。野良猫から感染する「トキソカラ症」とは

病気を持っている野良猫

もし、あなたの目の中で虫が動いていたらどう思います?

生きた心地がしませんよね。

 

猫よけブログ野良猫撃退SOS!です。

野良猫から「猫回虫」という寄生虫に感染してしまうとトキソカラ症という病気になります。あなたの目や脳、肺に棒状の虫が住み着いてしまいます。

あなたが野良猫の糞被害にあっている庭で何かしらの作業を行っていると感染する可能性があります。

詳しくお話しますので、猫よけ作業をしている際は注意して下さい。

スポンサーリンク

1.野良猫の寄生虫『猫回虫』とは

猫回虫

photo by:習志野動物医療センター りょう動物病院

↑クリックすると拡大できます。

猫回虫は猫のお腹に寄生する「回虫」です。

それが人に感染することにより猫回虫症を引き起こします。

画像のようにサナダ虫のような小さな棒状の虫です。

人に感染した場合は成虫まで育つことはできませんが、幼虫のまま体内を移動します。

①猫回虫の感染経路

猫回虫が人に感染する経路は以下の通りです。

 

  1. 野良猫が庭に糞をする
  2. 糞の中に回虫の卵があり、糞から土に混じる
  3. 庭作業中、誤って土が口の中に入る
  4. 土の中に混じっていた回虫の卵が人の体内に入り感染する

 

回虫の卵は外の環境で生きる抵抗力が強いため長期間潜伏します。

特に子供が庭遊びをした後に手をしっかり洗わずに食事をして感染するケースが多いです。

2.猫回虫に感染するとどうなるの?

猫回虫に感染するとトキソカラ症という病気になります。

どこに感染したかにより症状が変わります。

 

icon-check 内臓に感染した場合

食欲不振・発熱・倦怠感などの症状が出ます。肺の場合、ぜんそくのように「ゼーゼー」という呼吸や咳を伴います。

 

 目に感染した場合

視覚の異常、蚊飛症、網膜脈絡炎、などの症状になります。

※網膜脈絡炎とは

ざっくり説明すると、目の炎症を起こした部分により名称の変わる病気です。網膜に炎症が起きているので網膜脈絡炎と言います。眩しさや痛み、充血の症状が現れ、視力が落ちる可能性があります。

目に感染した場合、・・・寄生虫が見えます。これがある意味症状より恐ろしい。

①トキソカラ症の治療法はあるの?

恐ろしいトキソカラ症ですが、ほとんどの場合は自然治癒します。

症状が重い場合は薬での治療や手術で治癒します。(ステロイド薬の服用や眼付近に注射を打つなど)

②トキソカラ症の予防法はあるの?

感染経路が野良猫の糞なので、以下の点に気をつけましょう。

 

  • 猫が糞をした場所を素手で触らない
  • 猫の糞を放置しない
  • 猫の糞は近くの土ごと捨てる
  • 庭作業をする際はマスクを着用する

 

猫の糞を短いスコップで取り除いているなら要注意です。フンキャッチャーのような、長い道具を使って処理をしましょう。

当然ながら、野良猫対策もトキソカラ症予防になります。

糞をさせないことはもちろんですが、野良猫の侵入を防ぐことがもっとも大切なことです。

進入を防ぐ為には、

  • フェンスの設置
  • センサー式スプリンクラーの設置

が有効です。

当ブログでは細かく猫対策グッズの解説も行っております。正しい猫対策をすることが、あなたの健康を守ることにも繋がります。

こちらの記事では1週間で猫よけを完了させる方法を解説しています。

本気で猫よけしたいあなたはどうぞご覧下さい。

関連記事初めて猫よけをする初日に取り組んで欲しい2つのこと

初めて猫よけをする初日に取り組んで欲しい2つのこと

まとめ

野良猫はたくさんの病気を持っています。

症状の弱いものから、狂犬病のような命に関わる病気も感染する恐れがあります。

あなたの庭で野良猫が糞をしているだけで、あなたの家族は危険にさらされています。

大事な人を守るためにも猫よけ・猫対策をしましょう。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

猫よけブログ管理人が買って効果のあったグッズ

 マイホームの横が野良猫屋敷だった私が実際に買って効果のあった猫よけグッズです。

詳細ページもありますので、効き目のある猫よけグッズをお探しならどうぞご覧下さい。

1年間野良猫と戦い続けて『もっと早く知りたかった・・・。』と思った猫よけです。

番人くん

これ、もっと早く出会いたかったです。

何か怪しいなーとか思ってて買ってませんでした。で、全額返金制度もあるし一か八かで試してみるかーと購入したら即日効果があったんです。

野良猫の糞が無い日の朝の空気は清々しくて「いつもの朝ってこんなに快適だったんだ・・・。」と気付きました。あなたも是非。

  • この記事を書いた人
野良猫撃退SOS!編集部

野良猫撃退SOS!編集部

念願のマイホームの横が猫屋敷。妻が妊娠していたこともあり、1年以上猫よけをし続けてきました。その研究成果をブログで報告しています。1人でも野良猫被害に悩む人を減らせたらと思ってます。

-猫よけの最初に, 猫が持つ危険な病気

Copyright© 野良猫撃退SOS! , 2019 All Rights Reserved.