猫が持つ危険な病気

妊娠初期は猫に注意!胎児に悪影響の「トキソプラズマ感染症」

赤ちゃんの手

あなたが子作りを考えているのなら、猫対策は必須です。

なぜなら、猫は胎児に悪影響を及ぼす「トキソプラズマ感染症」を持っているからです。

 

猫よけブログ野良猫撃退SOS!です。

これを知らずに野良猫を触ったりしていると、流産してしまう恐れもあります。

では、トキソプラズマ感染症とはどのようなものなのでしょうか。

感染源から対処法、猫よけの方法まで詳しくお話します。

スポンサーリンク

1.トキソプラズマ感染症とは

トキソプラズマ感染症にかかった女性

トキソプラズマ原虫という肉眼では分からない大きさの病原中が原因となって引き起こされる病気です。

①トキソプラズマ感染症の症状について

症状はほとんどありません。発熱し、リンパが腫れる程度であり、症状の出ない人もいます。

健康な人なら感染することがまずありません。

妊娠初期・妊娠中の女性や免疫力の低下している人に症状が見られます。

①-1.どうして症状が出ないことがあるの?

トキソプラズマに感染しても2週間で抗体が作られます。

抗体ができてしまえば、その後感染する恐れがありません。

日本人の2~3割は知らないうちに感染しており、抗体ができていると言われています。

特に猫を飼っている・動物と接する仕事をしている人の多くが抗体を持っています。

2.トキソプラズマ感染症と流産の危険について

トキソプラズマは原虫と言って『1つの細胞から出来ている生物』です。

人の身体に入ることで急激に数を増やします。

感染初期に数を増やすため、抗体の無い妊婦が感染するとトキソプラズマが胎児に移ります。

その結果、胎児に悪影響を及ぼします。具体的には流産・死産・水頭症です。

※胎児水頭症とは

発症率は1万人に8人。脳室の中に髄液がたまってしまい、頭が大きくなる病気です。水頭症は原発性・続発性の2つに分けられますが、トキソプラズマで感染するのは続発性水頭症です。神経ができたあとに胎内で出血・感染を引き起こします。

知能に障害を引き起こしますが、早期の対処により7割の確立で正常に戻すことが可能です。しかし、脳内の液を取り除く為に頭に管を繋ぐ手術が必要です。

3.トキソプラズマの2つの感染経路と予防法について

トキソプラズマの感染経路は2つあります。

  • トキソプラズマに感染したものを食べる(生肉など)
  • 猫の排泄物に含まれているトキソプラズマの卵を食べてしまう

母親が上記2つの経路から感染し、母体から胎児に入るケースが胎児への感染経路となります。

猫はトキソプラズマに感染しているネズミを口にする機会が多いため、トキソプラズマを持っている確立が他の動物に比べて高い傾向にあります。

特に野良猫は危険性が高いです。

野良猫は人からエサをもらって生きているわけではありません。

 

  • 小動物を狩る(鳥やトカゲ、カエル)
  • 生ゴミをあさる

 

のように、カラスと同じように食べ物をとっています。

野良猫が生ゴミの中からトキソプラズマ菌を持っている『豚の生肉』を食べると、トキソプラズマに感染します。

トキソプラズマに感染した野良猫の糞にはトキソプラズマの卵が混じります。

トキソプラズマの卵はなかなか死滅しません。

庭仕事中にあなたの口に土ぼこりが入ります。そこにトキソプラズマの卵が混じっていれば、あなたが感染する恐れがあります。

 

生ゴミと野良猫に関する記事も読まれています。

あなたの家の生ゴミがあさられていたら要注意です。

関連記事 その生ゴミ荒し、カラスじゃなくて野良猫かもしれませんよ

野良猫に生ゴミを荒らされない3つの猫よけ方法

①トキソプラズマと猫の糞からの感染について

大事なことなので重複を恐れず『トキソプラズマと猫の糞』についてまとめます。

猫の糞にトキソプラズマの卵が含まれます。

そのため、

  • 放置すると土壌にトキソプラズマの卵が残り、庭作業時に土と一緒に口に入る恐れ
  • 糞を捨てる際に口に入る恐れ

があります。

庭で育てている野菜の近くに猫の糞が見つかった場合も、野菜にトキソプラズマの卵が付着している恐れがあります。

 

あなたの家の以下の部分に『猫の糞がある』場合は猫よけが必須です。

 

  1. 家庭菜園場所
  2. 庭に干している洗濯物の下
  3. 駐車場

 

家庭菜園場所に猫の糞があれば、野菜からトキソプラズマ菌に感染する恐れがあります。

洗濯物にトキソプラズマ菌の混じった土ぼこりが付けば、服を着る際に感染する恐れがあります。(特にタートルネックなど)

駐車場に猫の糞があれば、土ぼこりが車の中に入ってエアコン経由で感染する恐れがあります。

②トキソプラズマ菌から妊婦を守るために

まず、生肉摂取の感染をゼロにしましょう。加熱した肉を食べれば問題ありません。

猫の糞に関しては『猫よけ』が必要です。

フェンス等で物理的に猫を遠ざけるのが1番の方法ですが、事情で出来ないこともありますよね。

当ブログでオススメしているのは猫よけ超音波器です。

出産前後の忙しい時期でも『設置してスイッチを入れておくだけ』で猫よけができます。

 

まとめ:家族を守るために猫対策を

私はマイホームで猫の糞被害にあっています。隣家が猫に餌をやっているためです。

引越し前に妻の妊娠が発覚しました。猫が嫌いな訳ではありませんでしたが、猫を放置していると妻及び子供に深刻なダメージを与える可能性がありました。

そのため、現在は徹底的な猫よけ・猫対策を行っています。

「猫は嫌いじゃないし、糞を捨てるくらいなら平気。」と考えているあなたも、猫の糞はそれ以上の危険性を持っていることを理解しましょう。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

猫よけブログ管理人が買って効果のあったグッズ

 マイホームの横が野良猫屋敷だった私が実際に買って効果のあった猫よけグッズです。

詳細ページもありますので、効き目のある猫よけグッズをお探しならどうぞご覧下さい。

1年間野良猫と戦い続けて『もっと早く知りたかった・・・。』と思った猫よけです。

番人くん

これ、もっと早く出会いたかったです。

何か怪しいなーとか思ってて買ってませんでした。で、全額返金制度もあるし一か八かで試してみるかーと購入したら即日効果があったんです。

野良猫の糞が無い日の朝の空気は清々しくて「いつもの朝ってこんなに快適だったんだ・・・。」と気付きました。あなたも是非。

  • この記事を書いた人
野良猫撃退SOS!編集部

野良猫撃退SOS!編集部

念願のマイホームの横が猫屋敷。妻が妊娠していたこともあり、1年以上猫よけをし続けてきました。その研究成果をブログで報告しています。1人でも野良猫被害に悩む人を減らせたらと思ってます。

-猫が持つ危険な病気

Copyright© 野良猫撃退SOS! , 2019 All Rights Reserved.